両親との関係が心地よくないとき

 

身内、

特に両親との関係において

 

関係性が心地よくない

と感じている人も

少なくないと思います。

 

特に同居していたりすると。

 

結婚後もご自身のご両親と

同居している女性で

 

同じようなケースが

鑑定や継続コンサルで

いくつか続いたので

 

何かメッセージかなと

思っております。

 

共通点として

ご主人との関係は

ものすごく良好です。

 

でもご両親のどちらかとの

関係に問題を感じてる。

 

 

 

まず1つ目のケース。

 

自分自身のご両親

言いたいことは言える

と思ってしまうのですが

 

なかなか自分の気持ちを

伝えられず

やりたくないことも

 

お母さんのためにやっている

というケースがありました。

 

本当はこうしたいのに!

 

という気持ちがありつつ

 

言っちゃ悪いかな

自分が我慢すればいいし

 

と、自分の気持ちを我慢して

過ごしています。

 

自分を大切に

やりたくないことをやらない

自分自身を心地よく

 

そう考えた時

どれもできていないのです。

 

できていないことが

悪い事ではありません。

 

でも、そのことは

 

自分の好きにして

いいんだよ

 

自分の気持ちに

素直に生きていいんだよ

 

そして

 

それができる

あなたになるために

起きている出来事

 

自分の気持ちを

溜め込むことは

 

体に脂肪を

溜め込むことにも

繋がります。

 

自分の気持ちを

素直に出せる

 

そんな

自分になるだけでも

 

きっと体が

スッキリしてきます。

 

 

 

もう1つのケースは

お父さんとの関係

 

この方は逆に

言いたいことは言える。

 

むしろ

お父さんに厳しく

なってしまうそう。

 

朝から

殺人や暴力のニュースなど

聞きたくない

 

そう思っているのに

 

お父さんは

そんな朝のニュースを

楽しみにしている。

 

そんなの見てないで

外の景色が綺麗だから

散歩でもすればいいのに。

 

そう思って

散歩を勧めたり

するそうです。

 

でもお父さんは

「そんなニュースなんて見ないで」

 

ということに

とても反発心があって

 

「なんでいつもお前は

そんなうるさいことを言うんだ」

と言うそう。

 

これって

わたしたちのような

仕事でも

気をつけたいことなのですが

 

スピリチュアルとか

エネルギーとか

 

そんなことを学ぶと

どうしても

 

マイナスエネルギーに

敏感になります

 

なるべく

マイナスエネルギーを

浴びたくない

 

そして

それが正しい考え方

次元の高い考え方

 

という思考に

なりがちなんです。

 

ジャッジです。

 

自然のような

心地よいものは良い

 

暴力など

心地よくないニュースは悪

 

そんな風に

思っていませんか?

 

正直

わたしもニュースは見ますが

 

心地よくないな

と感じるニュースになったら

 

すぐにチャンネルを変えたり

テレビを消します。

 

自分の心地よさを

自分が追求するのはいい。

 

でもそれを

自分以外の人に

押し付けるのは違います。

 

自分が心地よくない

ということは

伝えてもいい。

 

でもそれは

あくまでも

 

「伝えたい。知ってほしい。」

という気持ちのみで

伝えること

 

「わたしは嫌なんだからやめてよ」

 

そんな気持ちで伝えても

反発を持たせて

しまうだけです。

 

相手は「攻撃されている」

と感じてしまうから。

 

相手を

コントロールしようとしない。

 

相手を変えようとしない。

 

自分の気持ちを

淡々と伝えるだけ。

 

それを聞いて

相手がどうするかは

相手の問題。

 

嫌な気持ちになったりするのは

自分の中の

何かを見せられているだけ

 

相手が悪いわけではない

 

そう

知識としては知っていても

でもやっぱり

 

お父さんが悪い

 

そう思っていたそうです。

 

でもやっと腑に落ちたそう。

やっぱりわたしなのか

と衝撃を受けたとw

 

この方は命式からも

「父との関係」

が不自然だし

 

「お父さん」

が人生のテーマでした。

 

特に彼女から

お父さんの話は

なかったのですが

 

命式から気になったので

聞いてみたら・・

 

でした。

 

こういう

ご本人が

特に気づいていなかった問題に

 

算命学を通して

気づくことができて

 

さらに

クライアントさんの

心が晴れる

 

というのは

鑑定をやっていて

とても嬉しいことです。

 

 

 

さて、この2つのケース

 

共にご両親が

自分の中にある何かを

見せてくれているケースです。

 

ご両親て

おそらく

自分より先に亡くなったり

 

入院したり

自分のそばに

いなくなることも

 

あると思います。

 

その時までに

その自分の問題に

気づけていないと

 

今度はおそらく

パートナーが

その役をやってくれます

 

つまり

親子関係の問題が

パートナーシップの問題に。

 

これは完全にわたしの

独断的な見解ですけどね。

 

自分の中を見せてくれるのは

身近な人です。

 

ご両親がその役割を

果たせなくなったら

 

やはり

パートナーが

その役割を担うと思います。

 

今回のケースは

今とてもパートナーとの

関係が良いのです。

 

「お父さんに(お母さんに)

もしもことがあったら

その課題、

旦那さんとやることになると思うよ」

 

そう伝えると

2人も絶対嫌だー!

 

って。

そりゃそうですよね。

 

旦那さんが大好きで

とても仲良し。

 

なので、

 

お父さんやお母さんが

その憎まれ役を

やってくれてることに

 

感謝して

 

そして

お父さんやお母さんとの

関係のうちに

 

自分の中にある何か

に気づいて

 

自分をもっと

楽にしてあげましょう。

 

 

***************

算命学鑑定についてはコチラから

↓  ↓  ↓

http://asaokamaria.com/2017/12/14/算命学鑑定/

 

***************

WEB記事になりました!!

↓  ↓  ↓

http://ninoya.co.jp/ninoya_log/13384

 

***************

メルマガ登録はコチラ!!

↓  ↓  ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/75615

 

***************

 

 

 

 

 

浅岡 麻梨亜公式LINE@