死にたい。そう一瞬でも考えたことのあるあなたへ(あ、とめたりしません。)

「死にたい」

と文字にすると

とても重たいですが

 

きっと、

これを読んでくださってる

多くの方は

 

明るく元気で

頑張っている人

 

そして

会社などでそう思われてる人

 

暗い重たい

というイメージとは

違う人たち

 

なのではないかなと

思っています。

 

今日は

算命学の星のオハナシ。

 

算命学の星で

 

病気

ロマンチスト

 

などの意味を持つ

星があります。

 

この星を持っている人は

 

とっても繊細

妄想力もすごい

 

病気

の意味は

心も体もあります。

 

この星が2つ以上の場合

持病が出て来たら

治さない方が良い

 

とも言われています。

 

治すと

もっと重い病気にかかるから。

 

病気の星だから

病気を持つことが

宿命

 

ということです。

 

そしてこの星

自分を追い込むと

 

「このまま美しく消えます」

となってしまう星。

 

この星を持つ人

特に複数持っている人に

 

自分を追い込まないでね

常に逃げ道を持っておいてね

消えたくなるから

 

と伝えると

 

「ああ。あります。

自殺しようとしたことあります。」

 

そう答える方が

とっても多いのです。

 

わたしは

星読みを伝えるだけで

 

本人と接していても

まず

 

「死を考えた」

とは見えない

タイプの方ばかりです。

 

そもそもの鑑定依頼でも

「死」についての相談でもない。

 

「自殺を考えたことがある」

そう言葉にしてくれた人

 

きっと

そんな自分を責めたことも

あると思うのです。

 

でもこの星の人は

「自殺を考える」

人が多いこと

 

そういう性質なんだ

ということ

 

それを知っただけでも

とても楽になってくれます。

 

鑑定の後の顔が

とてもスッキリすること

 

それは

わたしにとっても

とても嬉しいこと。

 

ここからはわたし個人の考え

 

わたしは

「自殺」を悪いことだとは

思っていません。

 

「自殺だけはダメ!」

 

とか

 

人生の課題が途中だから

また転生後

ゼロからやり直し

 

とか

 

天国に行けない

 

とか

 

自殺については

スピリチュアル的にも

様々なことが言われます。

 

そのどれもが

間違いとも正しいとも

思っていません。

 

というか

どちらでもいいです。

 

死んでみないと

わからないし。

 

自分の信じていることが

起きるだけだと思っているし。

 

今わたしが

あれこれ読んだ中で

 

わたし自身が心地よくて

採用している説は

 

自殺しても

 

ああ死んじゃった。

またやり直すか〜

 

とあの世でケロっとしていて

 

今世でできなかった課題も

別にまたやればいいじゃん

 

そのくらい

あの世は

ゆるっとしている

 

という説。

 

 

いろんなスピリチュアルの方が

いろんな方法であの世と

コンタクトをとっていて

 

いろんなことを

発信してくれています。

 

そのどれでもいいです。

自分が心地よいものを

信じればいい。

 

何も信じなくてもいいし。

途中で変えてもいい。

 

ちなみにうちの父親は

たぶん自殺で

 

しばらくこの世にとどまって

しまっていたようですが。

 

ま、わたしがその頃

 

自殺した人はすぐに

あの世に行けなくて

この世をさまよう

 

と思っていて

 

パパが浮かばれてないかも

と心配していたからかもですが。

 

その筋の方に

父をあの世にあげて

もらいました。

 

パパ曰く

「帰り方わかんなくなっちゃった」

らしいですw

 

ま、あと

 

わたしの心配をしていて

とある負の念から守っていてくれた

というのもあるのですが。

 

そんな自殺したと思われるパパ

 

今はわたしの指導霊として

たまにきてくれるし

いつも守ってくれています。

 

これも

今わたしが信じている世界に

すぎないのですけどね。

 

話少しそれましたが

 

なので、わたしは

たとえ

「自殺の相談」

 

をされても

特にとめません。

 

ひたすらその話を聞き

疑問に感じたことを

質問してみて

 

その質問が大事だと思うし。

それが相談されたわたしの役割だと

思っています。

 

その質問を通して

本人が自分の気持ちに

 

何かしら気づいたり

腑に落ちたり

 

それから

選べばいいのです。

 

死ぬのか生きるのか。

 

どちらも正解でも

間違いでもない。

 

何にも気づけなくてもいい

 

相談された方も

何もしてあげられなくてもいい

 

実際以前相談された時

わたしはひたすら

その人の話を聞いていました。

 

なんでかな?とか

引っかかりや違和感があれば

質問してみる

 

そして

 

「わたしは生きていてくれた方が

もちろん嬉しいけど、

そうしてくれとは言わない。

 

あなたがもし死を選んでも、

そのあなたの決めたことを

受け入れて尊重したいと思ってる。」

 

そう伝えました。

 

わたしたちは

どんなに近い存在の相手にも

 

自分のコントロールを

及ぼすことはできません。

 

そして全て自己責任。

 

冷たいかもしれないけど

わたしはそう考えています。

 

自殺の直前に

相談を受けたていたのに

 

もっと話を聞いておけば

と後悔をする方も

いますよね。

 

それももちろん

悪いことではないけど

 

それは自分が自分以外の人の

人生をコントロールできると

どこかで思っていることに

 

気づく1つのメッセージ

かもしれません。

 

あなたのせいではない。

 

死を選んだのは

他でもない本人で

 

それは誰のせいでもないし

誰かが止められるものでもないのです。

 

〇〇さんのおかげで

生きることを選べた

 

そういうことも

もちろんあります。

 

でもそれは

 

結局本人が

生きることを選んだに

すぎないのです。

 

もちろん感謝は

忘れないでいたいですけどね。

 

自分が生きることを選べて

嬉しかった!

ありがとう!

 

とその方に伝えること。

 

そして、その方と出会えた自分

関わりを持とうとした自分に

 

わたしすごい!

わたしにありがとう!

 

そんな自分への感謝も忘れずに。

 

自分がどうしたいか。

 

それが全てです。

 

もし、納得しないで

死んでしまっても

それですら悪ではない。

 

またあの世で

次の作戦を考えるだけです。

 

この世に

「良い」も「悪い」

もないのです。

 

そして

「正しい」も「間違ってる」

もないのです。

 

もちろんあの世にも。

 

 

 

 

***************

現在募集中の算命学鑑定はコチラ!

リピーターさん用のメニューもあります♪

↓ ↓ ↓

Tセッション 〜算命学鑑定〜

***************

WEB記事になりました!!

↓ ↓ ↓

安定した仕事を手放してフリーランスへ。やりたいことを見つけたい人や「好き」を仕事にしたい人に伝えたいこと~算命学鑑定士 浅岡麻梨亜さん~

***************

メルマガ登録はコチラ!!

↓ ↓ ↓

https://www.reservestock.jp/subscribe/75615

***************

 

 

 

 

 

浅岡 麻梨亜公式LINE@